2010年09月04日

ゲームセンターCX 有野の挑戦状2クリア


ゲームセンターCX 有野の挑戦状2(通常版:初回封入「有野特命プロジェクト課長名刺」同梱)

中古で1270円。フジのタイアップゲーなので、

そこまで期待していなかったが、めちゃめちゃ面白かった。

難易度は並。ジャンルが多く、苦手ジャンルが1つはありそうだが、

ゲーム内の雑誌で、かなり有用な裏技が多数紹介されており、

時間はかかってもクリアできないゲームはないだろう。

攻略法に2人プレイとソフト1本で完結しており、完成度が高い。

ADV「課長は名探偵」をやりたくて買ったが、

そんなものより、他のゲームが楽しすぎた。


ストーリー9本+ショップ5本の計14本のソフトで遊べる。


ウィズマン

パックマン的なゲーム。ただドットを集めるだけでなく、

3種類の杖を使い敵を倒しながら進んでいくスタイル。

最初はこのゲームしか遊べない。難易度は並。

ウィザードの杖吹き飛ばしは反則だと思う。


無敵拳カンフー

横スクロール格闘アクション。難易度はヌルめ。

天狗強い。ラスボス弱い。


デーモンリターンズ

マリオに様々な要素を追加した横スクロールアクション。

難易度は並。個人的にマリオは苦手なジャンルなので、かなり苦戦した。


課長は名探偵(前・後編)

難易度はヌルめ。話自体はそこそこ良くできており、

登場人物に番組スタッフを使ったパロディも充実しているが、

ひたすら長く展開も単調なので、正直楽しいという要素はあまりない。


ガンデュエル

シューティング。難易度は並。

ありの少年との2人プレイで合体技が使え、かなり爽快感がある。

シューティングが苦手な人でも楽しめる良ゲー。


トリオトス

難易度は並。落ちものパズルは得意なジャンルなので、真っ先にクリア。

スパークや連鎖など、高得点をたたき出す技も存在し、難易度も変更できる。


ガディアクエストサーガ

雰囲気はドラクエ的なコマンド式RPG。1人1体のガディア(守護者)を仲間にでき、

戦闘中、その特技を使うことができる。もっとも、持ち歩けるのは全部で3体まで、

保管できるのも3体のみなので、女神転生のようにコレクションするという感じではない。

難易度はヌルめ。みだれしんくうは+ヒラリス+ヨワーレでラスボスまで倒せる。

塔やダンジョンが多く、何階もあるので、とにかくクリアまでが長い。

全ソフト中、最も起動回数が多いソフトである。


スーパーデーモンリターンズ

デモリタの続編。難易度は難。苦手ジャンルというのもあるが、

コンティニュー機能が付いた代わりに、前作より1ステージの長さが延びたので、

ラスボスクリアまでの時間がかなりかかる。また、ギロチンやジャンプ台など、

テクニックor運で切り抜けなければならない仕掛けも多い。


最後の挑戦状は「全ゲームのエンディングを見ること

エンディング後1時間待つとご褒美が貰えるという、

「たけしの挑戦状」的演出もあり、最後まで楽しませてくれた。


 
posted by ソロ at 14:17| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161537973

この記事へのトラックバック